玄関の外の上の屋根が小さすぎて雨の時モロに濡れたり立ち話しがづらい。

外玄関の上がベランダになっているが、ベランダをもう少し前後左右に大きくするか、ベランダとは別に、下に大きい下屋のようなものを付ければ良かった。

打ち合わせ時は、そんな部分にまで気が回らず、又、営業や設計担当者からもそのような助言がなかった。

天気が悪い時、例えば知り合いや友人であれば、「中に入り!」と言えるが、セールスマンなど、全く面識がない人の訪問時だと、立ち話くらいは大丈夫だけど玄関の中に招き入れるのは避けたいという状況が多々ある。

新築時、数えきれない回数の打ち合わせがあり、思考能力が薄れてくる上、素人には分からない内容が多い故、営業や設計サイドからの助言や提案がない限り、施工前から問題点に気づくことは非常に難しい。

しかし、一生の大切な大きな買い物なので、ネットを利用して後悔点のまとめサイトなどをリサーチしたり、友人に聞いてメモをとるなど、しんどいながらも踏ん張ってやれば良かった。

もし、知り合いで、詳しい人や建築分野を仕事にしている人がいたら、一度図面を見てもらってズバリ指摘してもらうのも良いと思う。

担当営業マンだと、分かっていても予算や都合上でそのような提案をわざとしないことも予想されるので。

おすすめサイト⇒新潟市 新築一戸建て